感動おすすめ傑作本 「永遠の出口」森絵都「海辺で読みたい」第1話

感動おすすめ傑作本 「永遠の出口」森絵都「海辺で読みたい」第1話 2003年 集英社初版

 

 

 

これまで、何千冊と本を読んできました。

自分でも十何冊、出版しています。

過去から現在に至るまで、いくつかの文学賞の下読みをしてきました。

今は、やはりいくつかの文学賞の選考委員として、毎年、50以上の原稿を読んでいます。

そんな僕が「海辺で読みたい本」を、ランダムかつ独善的にお届けする

 

「海辺で読みたい」感動2020年おすすめ本 第1話

 

今回は、

森絵都 「永遠の出口」

 

です。

ところで、

 

文学賞選考委員をしていると、小説の世界、というのは、まあ、予想通りというか、今は、完全に女性上位です。

7:3 または、8:2ぐらいの割合で応募者は女性の方が多いです。

一概にはいえないかもしれませんが、例えば、学生時代、小学生とか、中学生とか、

そんな多感な時期に、

昭和、または平成初期の時代は、

授業中、小さな紙切れ、または付箋紙などに、こちょこちょ書いて、先生の目を盗んで回していたのは、圧倒的に女子でした。

だいたいが先生の悪口や、勉強への不満とか、

あるいは、ものすごく、たわいのないこと、

例えば、放課後、アイス食べに行こう、とか、昨日のドラマ、最高だった、とか、まあ、そんな類のことを、せっせと書いて、仲間内で回していたわけです。

または、

冗談はよしこさん、とか、

オハヨーグルト、とか、

そんなバナナ、とか、

許してちゃぶ台、とか、

もう、死ぬほど、どうしょうもないことを、際限なく、そう、永遠に、回しっこしているのが、授業中の紙切れ、だったのです。

 

この「永遠の出口」も、全編、その、たわいのない小さな紙切れのようなエピソードで、出来上がっています。

だから、はっきり言って、大層な小説ではありません。

でも、傑作です。

永遠の傑作です。

死ぬほどの傑作です。

一生の傑作です。

 

読み終わったとき、

永い時間、ぼんやりしてしまうぐらいの。

あるいは、永遠に、読み終わりたくない、と思うぐらいの。

読んでいるうちに、涙が、とめどなく流れてくるぐらいの。

 

 

「私は<永遠>という響きにめっぽう弱い子供だった」

で始まるこの小説は、

 

永遠、という言葉に恐れ慄いていた、昭和の女の子の、小学生から高校生に至るまでの、何気ない日常、

学級内のヒエラルキーの話や、

お誕生会のゴタゴタや、

恐ろしい権力をもつ担任への反抗や、

絶対に除け者ができる奇数のグループには絶対にならないようにする生活の知恵や、

小学校を卒業した年の、あの、まるで中途半端な、どこか夢心地な春休みの一コマや、

とにかく何に対しても、反抗したかった中二病や、

雑貨ショップでの万引きや、制服や髪型の校則違反や、

そして恋に恋した初恋や、

反抗していても、やっぱり大切な家族のことや、

だから、反抗しながらも、結局はついていく家族旅行や、

高校生になって、憑物が落ちたように、地味に勤しむバイト話や、

恋に恋した初恋じゃなくて、リアルに恋した初恋や、

それでもやっぱり、恋に恋していただけだった初恋や、

いつもつるんでいた友達や、

いつの間にか、疎遠になった友達や、

反抗しながらも、大好きな家族や、

 

そんな断片で成り立っています。

けれど、その断片が、どれもキラキラと輝いていて、

森絵都の絶妙な語り口で、

手で触れられるぐらいに、生きています。

 

一人の女の子の思春期のさまざま。

それらは、いつしか、あなたになります。

 

そして卒業。

そう、卒業なのです。

最後は、みんな卒業するのです。

この主人公も、そしてあなたも。

 

いつかはみんな、大人になるのです。

子供の頃、永遠のように思えた日々は、

有限だったのだと、

子供の頃、死ぬほど永遠だった日々を

いつかは、みんな、誰もが、卒業して、大人になっていくのです。

授業中、永遠のように回していた、小さな紙切れも、

いつかは、誰も、

人知れず、

自分の心の奥底に、

そっと仕舞い込んで、

かつて、死ぬほど、一生懸命に、紙切れを回していたことを、忘れていくのです。

 

この小説は、永遠を信じて、紙切れを必死に回していた頃を思い出させてくれます。

だから、この小説を読むと、

無性に、切なくなり、

いつしか、号泣しているのです。

 

合わせて読みたい

感動おすすめ傑作本「照柿」高村薫 「海辺で読みたい」第3話 1994年 講談社初版   高村薫の小説は、読み終えると、喉が乾きます。身体中がカラカラになります。[…]

合わせて読みたい

感動おすすめ傑作本「ジョゼと虎と魚たち」田辺聖子「海辺で読みたい」 第2話 1995年 角川書店初版 これまで、何千冊と本を読んできました。自分でも十何冊、出版しています。過去から現在に至るまで[…]