【2020年最新】今こそ聴きたい甘茶ソウル名曲10選〜sweet soul musicの深い森へようこそ!part 3

【2020年最新】今こそ聴きたい甘茶ソウル名曲10選〜sweet soul musicの深い森へようこそ! part 3

 

 怒涛の第6位     barbara jean english 1973 key in the mailbox

甘茶ソウルベスト10もいよいよ6位の発表です!
というほどのものではないのですが、

このバーバラ・ジーン・イングリッシュの楽曲に関しては、甘茶というより、どちらかと言えばfree soulよりかなあ、と感じています。

日本人の好きなタイプの曲なのではないでしょうか。

バーバラ・ジーン・イングリッシュとは、こんなシンガーです。

1946年8月22日、サウスカロライナ州サンプター生まれのソウルシンガー・ソングライター。
彼女は人気のあるニュージャージーのガールズ・グループ、クリケット(Clickettes)のメンバーであり、50年代後半から60年代にかけて彼らと多くのポップ・ソウルを録音した。70年代に復帰した彼女は官能的なバラードを中心とした瑞々しくプロデュースされたソウル・アルバムを2枚録音した。短い活動休止の後、彼女は’90年代にクリケッツ(Clickettes)と再結成し、オールディーズ・ツアーを行った。”I’m Living A Lie “はいくつかのノーザン・ソウルのコンピレーションに収録されている。Bacharach/Davidの “Don’t Make Me Over “とFrancis Laiの “Love Story “のカヴァーは忘れられた名曲である。
彼女は1964年からソロに転向。
70年代後半にはディスコ・シーン、後にはダンス・ミュージックの歌姫としてHi-NRGシーンにも参加している。

出典;Wikipedia 翻訳;DeepL

 

discogsでは、こんな感じです。

Discogs

Discogsで%sのリリースを検索。Discogsマーケットプレイスでは、%s のレコードやCDなどを購入することがで…

そして、この「key in the mailbox」は、2枚目のアルバムに入っています。

このアルバム、なんといってもジャケットがいいです。

こんな感じです。

 

 

Discogs

Discover releases, reviews, credits, songs, and more about B…

 

このアルバム、全体的によく出来ていておすすめです。

 



 

 続いての第7位 Soft Touch 1973 Is This The Way To Treat A Guy You Bet It Is

 

続いては、やはり甘茶ソウル界で脈々と受け継がれてきた、マイナー、シングル盤オンリー、入手困難、またはオリジナル盤高騰、といった、まさに甘茶ソウル界を象徴するグループ、ソフトタッチです。

まず、グループ名からして、ヤられます。

ソフトタッチですよ。

 

しかも、プロデュースは、あの御大ジョージ・カー。山下達郎サンデーソングブックでもオンエアされたという、太鼓判の一曲です。

心を鷲掴みするキュートややロリータ系女性ボーカル。

間奏には、お決まりの甘い語り。

チャカチャンのギターオブリガート。

アアアアー、ウウウー、のコーラス。

途中で唐突に入ってくる、男性の雄叫び。

まさにこれこそ、三分間の至福、というやつでしょう。

the・甘茶ソングなのです。

じゃあ、なんで、これが1位じゃないの? という声も聞こえてきそうですが、まあ、そこは極めて私的な順位ということで。

 

Discogs

Discogsで%sのリリースを検索。Discogsマーケットプレイスでは、%s のレコードやCDなどを購入することがで…