実際、プログラミング教育は学校でどうやっているの?子供にはやっぱりscratch? 〜現場から見たプログラミング教育〜vol.2

実際、プログラミング教育は学校でどうやっているの?子供にはやっぱりscratch? 〜現場から見たプログラミング教育〜vol.2

 

別記事「現場から見たプログラミング教育 〜子供にとって本当に必要なプログラミング教育とは?Vol.1では、2020年度から始まった小学校プログラミング教育のねらいや、その背景、そして、これからの子供たちに必要な資質・能力について深掘りしました。

あわせて読みたい

現場から見たプログラミング教育〜子供にとって本当に必要なプログラミング教育とは?Vol.1 長らく教育現場にいた視点からお届けする「現場から見た」シリーズ、今回は、プログラミング教育のリアルです。[…]

 

プログラミング教育のねらいは「プログラミング的思考」を育てること

「プログラミング的思考」とは、以下の資質・能力の総体

・問題発見能力

・問題解決能力

・プロジェクトマネジメント能力

・コミュニケーション能力

プログラミングは、言語、だから小さい頃から学んで、損はない

というか、これからの子供にとって、プログラミングを学ぶことは、英語と同じで、必要不可欠

 

もし、自分の子供にゲーム機を与えようか、迷っていたら、パソコンを与えましょう

 

ということで。
今回は、現場では、いったい、どんなふうにプログラミング教育がとらえられ、どんな準備をして、今、まさに、どんなふうに展開しているのか、そして、プログラミング教育をすすめるにあたって、本当に必要なハードやアプリについて、深掘りします。

現場では、いったい、どんなふうにプログラミング教育がとらえられているのだろう

現場ではどんな準備をして、今、まさに、どんなふうに展開しているのだろう

子供たちがプログラミング教育を進めるにあたって、本当に必要なハードやアプリはなんだろう

 

現場では、いったい、どんなふうにプログラミング教育がとらえられているのだろう

 

 

新学習指導要領が告示された平成29年(2017年)から、現場は、浮き足だっていました。

まあ、学習指導要領が新しくなる時期は、いつも浮き足だつのですが。

道徳科の新設、外国語科の新設、「主体的で深い学び」。。。

そうした新しいキーワードの中で、一番 イミフ だったのが、

「プログラミング教育」

 

 

プログラミング・・・???

 

 

あの、呪文のようなコードとかいうやつを、教えるの?

それは、、無理。。。

というのが、おおかたの、普通の教員の反応でした。

小学校の教員は、

パソコン(ICT)を不得手、と考えている先生も、実は、多いです。

もちろん、バリバリICTを駆使して、授業を行っている先生も多くいらっしゃいます。

他の職種と比較すれば、もしかしたら平均値では、ICTスキルは、高いかもしれません。

今回のコロナ禍で判明したのは、日本は、全体として、ICT後進国だ、ということです。

ですから、平均値でいえば、ワードも、エクセルも、パワポも、一太郎も、ほぼすべての教員が使いこなせる先生は、ICT偏差値は決して低くないのかもしれません。

それでも、ICTへの不得手感は、どの先生にも根強く、あります。

それは、なぜか、といいますと、

文部科学省が、推し進めている教育のICT化のレベルが、高すぎるからです。

高すぎるというより、耳ざわりの良い言葉は、たくさんやってくるのですが、お金が、つまり環境整備が、追いついていないからです。

つまり、すべてが現場まかせなのです。

 

 

電子黒板、デジタル教科書、タブレット、、、。

こうしたハードは、唐突にポツリポツリと、現場に注入されます。

とはいえ、それらに習熟しているヒマは、はっきりいって、現場にまったくありません。

現場は恐ろしく忙しいのです。

教育委員会や教材会社は、

ハードは、予算がつけば入れてくれます。

けれど、現場が欲しいのは、それだけではないのです。

そのハードを使いこなせるICT支援員的人材なのです。

そうしたICT教材専門の人材なのです。

しかも、学校に一人、常駐するような人材です。

そうしたヒトとTT、いわゆる一緒に授業をやるなら、たぶん、担任にとって、ハードルは著しく、下がるでしょう。

ICTを使ってみたい、という担任も増えるでしょう。

でも、今は、違います。

担任が、子供たちを見ながら、いろいろな授業をやりながら、新しく入ってきたICT教材にも精通する、

不可能です。

 

しかも、ハード自体も、ICT環境も、これまで、とても不完全でした。

はっきりいって、まったく使い辛いものばかりでした。

使おうと思うと、準備やセッティングまで、やたらと時間がかかります。

いざ使い始めたら、Wi-Fiがつながらない、パソコンが固まる、さっきまで表示できたサイトが出てこない、

そんな、不具合が、たくさん、出て、しばしば、授業が中断します。

または、子供たちの誤動作で、まったく違う画面になった、

そんなことがヤマほどありました。

 

さらにいえば、これまでのICT教材は、実は、

黒板とチョーク、そして自作の学習教材だって、できることばかりだった、といってもいいぐらいの程度のものばかりだったのです。

 

だから、教員は、いつの間にか、そうしたものを使わなくなり、それらは、教材室に押し込められ、忘れ去れられてしまうのです。

 

ということで。

 

これまで現場に注入されたICTハードを、その無駄さでランキング付けすると、以下になります。

堂々の第1位は、

 電子黒板

 

です。

これは、素晴らしいぐらいに無駄でした。

まず、準備、セッティングが、とても面倒くさいです。

しかも、ようやく使っても、ただ、使っているだけで、なかなか、子供たちのためになった、という感触は得られないのです。

ということで、たぶん、全国の小学校の教材室には、この電子黒板の残骸が、今も眠っていることと思います。

 

堂々の第2位は、

タブレット
です。
これは、第2位にもってくるか、ちょっと悩みました。
条件付きの第2位です。
数年前、
タブレットを学校へ、という流れが最初にやってきた頃、
それなりに先進的な市町や学校は、これに踏み切りました。
全員に一台、タブレット。
あるいは、5人に一台、タブレット。
そんな感じで、配置された学校もあったと思います。
けれど、これは、失敗とは言わずとも、決して成功ではありませんでした。
一つは、学校のWi-Fi環境が、整っていない、ことがありました。
そしてタブレットの性能も、まだまだ低いものが多くありました。
さらには、過剰なまでのセキュリティ対策で、とても使い辛いモノも多くありました。
しかも、いわゆるICT支援員的人材もあてがわれませんでした。
当然、
いつしか、みんな使わなくなりました。
だって、使い辛いから。
ただし、これから、2020年の今から、を、考えると、一人一台のタブレットは必須です。
しかもオンライン授業の必要感がとても高まっている現在、これから必需といっていいでしょう。
政府もG(ギガ)スクール構想を前倒しして、たぶん2020年度の終わりには、ほぼ全国の小学校に、ハードは行き渡るかもしれません。
そこで問題は、やはり、人材です。
いわゆるICT支援員を、学校一人配置、あるいは、少なくとも中学校区に一人、ぐらいの割合で配置しないと、
やはり、このGスクール構想は、絵に描いた餅になってしまう危険性があります。
ということで、警鐘を鳴らす意味で、これを第2位としました。
ランキングは、これで終わりです。
え? おわり?
という声も聞こえてきそうですが、
もちろん、ICT機器に関わらず、これまで、学校では、幾多の教材が、無駄に死んでいきました。
ヒト時の流行に乗った教材、導入したはいいが、ほとんど使われず、学校の片隅に追いやられた教材は、枚挙にいとまがありません。
それはともかく、プログラミング教育です。
本当に難航しました。
ほとんどの先生にとっては、特に必要性を感じない、また、今までの学校文化にはなかった、まったく未知の領域の世界の話だったからです。
ですから令和元年度になっても、現場では、プログラミング教育への準備は遅々として進みませんでした。
研修は何度かもたれましたが、全職員が、このことについて理解しているとは、到底言い難い状況でした。
しかも、このプログラミング教育が厄介なのは、理科や、算数のように、プログラミング教育、という時間があるわけではないのです。
全教育活動の中で、または各教科の中で、プログラミング的思考を育む、という、とても中途半端な位置付けなのです。
僕個人の考えとしては、プログラミング科、または情報科として、独立した科目にしてくれたほうが、ずっとやりやすい、とは思うのですが、実際は、そうなのです。
ということで、どうにも収まりが悪いうちに、令和2年度が始まったわけです。

 

そのあたりの収まりの悪さは文部科学省もわかっているとはみえ、サイトや手引き等で、盛んに情報発信をしているのが現在の状況です。

 

 

文部科学省で考えるプログラミング教育とは

 

では、文部科学省では、このプログラミング教育をどのように展開していきたいのでしょうか。

 

 

 

 

この2つを見ると、概ね、雰囲気はつかめます。

 

ごく簡単にまとめると以下になります。

 

プログラミング教育は、全教育活動のなかで行う。

教科でも行えるが、その場合は、それぞれの教科のねらいとの兼ね合いをつける。

教科以外の時間でも行える。(C分類)その際は、プログラミング教育のねらいをストレートに出してもよい。

企業の助けを借りるのもよい。(というかけっこう推奨)

年間数時間の核カリキュラムをまず、組んで、そこから始めるのもよい。(というかけっこう推奨)

 

 

ある小学校の取組

 

では、ある小学校の取組をお話しします。

 

 

その学校では、まず、プログラミング教育全体計画、情報活用能力一覧表、年間指導計画、を立てました。

 

いわゆる設計図です。

 

その際、こんなふうにしばりを設けました。

コア・カリキュラム(基本カリキュラム)の設定

 

コア・カリキュラムとは、これだけは必ずやろう、というカリキュラムです。
欲張らずに、各学年、年間一つの単元(授業)としました。
また、学校のICT環境を踏まえた選定をしました。

 

以下が、そのコア・カリキュラムです。
1年 算数「かたちあそび」(10月)
2年 算数「100より大きい数」(6月)
3年 理科「植物の一生」(9月)
アンプラグド

 

4年 理科「電気のはたらき」(6月)
5年 算数「円と正多角形」(2月)
6年 理科「発電と電気の利用」(2月)

Scratch

MESH
プログル

 

1〜3年のコアカリキュラムは、すべてアンプラグド教材を選択しました。

アンプラグド教材とは、コンピュータを使わずにプログラミング的思考を育てる手法のことです。

 

このコアカリキュラムは、学校の実態に応じて、随時見直していく必要があると思います。

各コアカリキュラムについて、簡単に説明します。(PDFリンクをクリックすると指導案が見られます)

 

1年 算数「かたちあそび」
この単元では、平面的なもの、球状のもの、長さが等しいもの等に分類していく過程でプログラミング的思考を育てます。具体的には簡易なフローチャートを用いて仲間分けする学習です。
この単元におけるプログラミング教材(アンプラグド)はフローチャートということになります。
2年 算数「100より大きい数を調べよう」
こちらもフローチャートを使い、児童の思考を可視化する過程で、プログラミング的思考を育てます。
3年 理科「植物の一生」
こちらも、低学年との連続性、系統性の観点から、フローチャート的思考を援用します。特にこの段階で、プログラミング命令のひとつ、「反復=ループ」の概念を導入します。
4年 理科「電気のはたらき」
ここで、いわゆる「プログラミング教材」を使用した授業となります。入り口として、ソニーのMESHを使っての授業を構築しました。MESHは、スクラッチに比べ、直感的な操作が可能です。入り口教材としてはよいのでは、という判断です。MESHと内田洋行のスイッチングシステムを使って、目的や意図したことに対しての手順を考察することをねらいとします。
5年 算数「正多角形と円」
使用教材はプログルとScratch(スクラッチ)としました。
プログルは、「特定非営利活動法人みんなのコード」が開発した教材です。プレスクラッチという操作感で、ゲーム感覚もあり、スクラッチへの橋渡しとして最適では、という意図で採用しました。
プログルに慣れたところで、いよいよスクラッチを使用します。
プログラミング教材といえばスクラッチ、というぐらい世界中で使用されているビジュアル教材です。
今回は、同じ内容をプログルとスクラッチで反復する単元構成となっていますが、スクラッチに慣れる、という意図があります。
6年 理科「発電と電気の利用」
MESHとスイッチングシステムを使用し、プログラミングしながら、理科のねらいに迫っていきます。
4年生のコアカリキュラムと関連度の高い単元です。
総合的な学習の時間
総合的な学習の時間とプログラミング教育の親和性は高いです。
文部科学省の手引でも、けっこう総合でのプログラミング教育を推しています。
また、いわゆる教科以外の時間、朝の時間などでの実践もいい感じです。
なぜなら、現実として、プログラミング教育には、いろいろなソフトやアプリに慣れる時間、必要な技術を習得する時間が不可欠だからです。
例えば、
タブレット・パソコン操作への慣れ
スクラッチ、MESH等、ビジュアル教材への慣れ
の時間が、必要、ということです。
ところで、ここで使用したビジュアル教材、「MESH」、「プログル」、「スクラッチ」 「ビスケット」、に、
プラス 「レゴ We Do」 が、
本記事の、おすすめのビジュアル教材です。
これらについては、また別記事でくわしく紹介したいと思います。

プログラミング教育は、全教育活動のなかで行う。

教科でも行えるが、その場合は、それぞれの教科のねらいとの兼ね合いをつける。

教科以外の時間でも行える。(C分類)その際は、プログラミング教育のねらいをストレートに出してもよい。

企業の助けを借りるのもよい。(というかけっこう推奨)

年間数時間の核カリキュラムをまず、組んで、そこから始めるのもよい。(というかけっこう推奨)

「MESH」、「プログル」、「スクラッチ」 「ビスケット」、プラス「レゴ We Do!」が、本記事のおすすめのビジュアル教材

プログル|学校の授業で使えるプログラミング教材

プログルは全国80万人以上が利用する、学校の授業ですぐに使えるプログラミング教材です。次期学習指導要領に含まれる小学校6…

合わせて読みたい

現場から見たプログラミング教育〜子供にとって本当に必要なプログラミング教育とは?Vol.1 長らく教育現場にいた視点からお届けする「現場から見た」シリーズ、今回は、プログラミング教育のリアルです。[…]


(スポンサーリンク)

(スポンサーリンク)