今日のfreeでsoulな一曲 Basic Black & Pearl – There’ll Come A Time, There’ll Come A Day (Disco Version) 1975

Basic Black & Pearl – There’ll Come A Time, There’ll Come A Day (Disco Version) 1975

 

discogsで調べてみると、このBasic Black & Pearl というグループは、以下のように紹介されています。

ベーシック・ブラック・アンド・パール(Basic Black and Pearl)は、カナダのモントリオールで行われたスタジオ・プロジェクトで、キーボードのレオン・アロンソン、ギターのボビー・コーエン、ドラムのマーティ・サイモン、ベースのデヴィッド・ナッシュが参加しています。リードボーカルはシャロン・リー・ウィリアムズ。

出典;discogs

 

シングルレコードを7枚ほど出していて、最初のシングルがこの曲です。

いわゆるセッションバンドなのでしょうか。日本で言えばティンパンアレーのような、またはバイバイセッションバンドのような。

さすがに、というか、ツボを押さえた素晴らしい曲です。

後半のストリングスもいいですね。

どこか、サニーディサービスを思い起こさせます。

胸キュンです。

まさにフリーソウルのマナーに則った、高揚、爽快、気高さ、の感じられる曲です。